田七人参の高い効能がそのまま体感できる、サプリメントに期待!。死ぬまで元気で健康な生活を送るために、おすすめの伝七人参ランキングなど。

田七人参の高い効能がそのまま体感できる、サプリメントに期待!

「白井田七」を体験した人の声

田七人参との出会い

自称健康オタクであった為、若い頃から体に良いと言われているサプリメントや食品を色々試してきました。
若かったので、今考えると特にこれといった不調もなく、それらを摂ってみての効果もあったのかなかったのか、特に感じる事もなかったように思います。

でもそろそろ更年期のお年頃。
少し前から、今まで感じたことのない様々な不調を感じるようになってきました。
自分でわからない内に頑張り過ぎている時があるってことかも。
若い時ほどムリが利かなくなっているんでしょうね。
病院に行って血液検査をしてもらうも、弱冠の貧血や血糖値や血圧の上昇は見受けられるものの、特にお医者さんからも言われずに終わったんですが、やはり血糖値や血圧は若い頃に比べて高くなっていたので、気になり始めました。
知らずに放っておいて、慢性病になってしまうのも怖いので色々と調べ始めたのです。
更年期や血圧、血糖値、これらのキーワードで検索するとたくさんの商品がヒットするんですが、中でもすごいなと感じたのが「田七人参」の効能です。
「でんしちにんじん」と読むそうで、あの高麗人参の親戚みたいなものだそうです。
でもその効能がすごい。
高麗人参は美容にいいと聞いていたので、前に時々試したりもしていました。
高麗人参も田七人参も主な成分は「サポニン」。
このサポニンがすごいらしく、血糖値を下げる効果や血液の浄化で血管を強化してくれたり、うつや自律神経の乱れなどにも効果があるらしいですね。
更年期が近いので、どうも自律神経が乱れて夜たびたび目が覚めたり、なかなか寝付けなかったりと言う事があります。
血液検査の数値も気になるし、自律神経という目では確認できない体のバランスでも働きかけてくれるというので、田七人参で調べを進めてみました。

「白井田七」を試してみて

色々なものがヒットしましたが、中でも群を抜いて気になったのが「白井田七」。
白井博隆さんの「白井」から取って命名した健康食品です。
田七人参の栽培現場に行った白井さんは、農薬や化学薬品を使って栽培されている田七人参を見て、無農薬で栽培する方法を考えたそうです。
特に田七人参は害虫に弱い為、使用せざるをえないんでしょうね。
でも健康の為の植物が農薬だらけなんて、なんだか本末転倒です。

田七人参は種まきから収穫までに3年から7年ほど掛かるそうで、土の栄養分をたくさん吸収して育つ為、サプリメント並みの栄養素を含んでいるんでしょうね。
なので白井さんは土づくりから始めたそうです。
そして唐辛子などを使った害虫忌避剤を使い、12年かけて栽培方法を模索して、ついにIFOAM(国際有機運動連盟)の認証を取得し、その翌年には日本の有機JAS認証も取得したそうです。
どれほど効能が期待されていても、どんな栽培方法なのかわからないよりも、大きな安心感がありますよね。

これからの身体改善に大きな期待を寄せています。

「白井田七」の購入はこちら

  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加