田七人参、比較ランキングの信憑性は?です。田七人参(三七人参)に期待される効果・効能、おすすめの漢方薬、サプリメントなどの選び方をご紹介。

田七人参、比較ランキングの信憑性は?

田七人参の比較サイト、ランキングサイトの信憑性

インターネットでよく見かける比較サイトやランキングサイト、これらは誰が何の目的で制作したのでしょうか?
WEBサイトを制作するにはそれなりに手間がかかります。ツールや無料サービスなどを利用して制作自体は簡単にできたとしても掲載するコンテンツ制作(ライティング)はそれなりの時間と労力がかかります。
それでも多くのランキングサイトや比較サイトが存在するのはその商品を販売している企業や関係者がその商会商品が売れることで利益を得るなど何らかのメリットがあるはずです。
比較ランキングサイトの「全て」がそういった利害関係で成り立っているとは言えませんが、そのほとんどはサイト運営者や関係者に何らかの利益があるステルスマーケティングといってもいいでしょう。
このような事情があるランキングサイトですので全てを信用せずに参考程度に留め、ご自身でどういったステルスマーケティングがあるのかを知った上で納得できる商品を購入してください。
下記にいくつかステルスマーケティングのケースをご紹介します。

広告

アフィリエイトサイトのケース

アフィリエイトをいう言葉をご存知でしょうか?
アフィリエイトとはある企業の商品を紹介し、アフィリエイターが制作したアフィリエイトサイト経由で購入された場合、商品価格の何%かが成果報酬としてアフィリエイターに支払われるというものです。
この場合、アフィリエイト収入を得るためにアフィリエイト商品やサービスをランキングや比較サイトなどで利益(成果報酬額)が高い順(もしくは成果が発生しやすい順)に優先的に紹介、消費者にその商品を購入させることでアフィリエイターが利益を得ていますので、そのアフィリエイトサイト上で比較され、「ランク付けされた情報」や「商品の優劣」はほとんど意味がありません。
ただし、アフィリエイトサイトはアフィリエイトでアフィリエイターが利益を得ている以上、掲載されている商品についての情報は間違っているわけではありません。(たまに間違った情報が掲載されていることもありますが、通常は広告主側ですぐに是正するように対応されます。)
情報に関してはある程度信憑性はあると言えます。
参考にしてはいけないのはランキングサイトの商品ごとの優劣(順位)です。全てのアフィリエイトサイトとは言いませんが、成果報酬額の高い商品を1位として掲載するアフィリエイターがどうしても多くなってきます。

ただし、アフィリエイトサイト全てが信憑性のない情報を掲載しているということではありません。
成果報酬額の高い商品はランキングサイトで上位掲載されたり、いろんなブログやメディアで紹介されることが多くはなりますが、しっかりとアフィリエイター自身が商品を使用してみて評価しているメディアも多くあります。
ですので、アフィリエイト自体はステルスマーケティングではありませんが、商品を比較して優劣をつけているランキングサイトに関して、商品の公平な評価ではなく成果報酬額が高いという理由だけで商品を上位掲載している行為はステルスマーケティングと言えますので注意が必要でしょう。

競合商品より良いものに見せかける目的に作られたケース

商品を販売する企業、または委託された関連企業が比較・ランキングサイトを作るケースもあります。
運営会社を隠し、関係のない第三者が運営しているかのように装い(または関連企業や関係者が個人名で運営)、自社商品を競合商品より優れているかのような比較を行い売り上げを伸ばすというものです。

広告

これはいずれも消費者に企業広告とは思わせずに第三者が評価して商品を薦めているため、ステルスマーケティングといえます。顧客を騙しているようなもので、あまり悪質なものは過去に違法とされた事例もあります。
当サイトでは色々な漢方やサプリなどの健康食品を実際に試し、本当に良かったものをご紹介しています。
しかし、特定の漢方や商品が絶対おすすめというものはなく個人差も当然ありますので最終的にはご自身で判断いただく必要はあります。
田七人参や高麗人参といった漢方は高価な割に何が入っているのか、本当に成分表示が信頼できるのか不審なものもあったりします。特に田七人参は生産の本場が中国ということから信頼性が何より重要です。
前述したように絶対にこのメーカーのこの商品が優れている、とは断定できませんが成分表示が確かで実績があり信頼できるおすすめの田七人参をこちらのページでご紹介しています。
頭数や栽培年数など各社のデータ訴求(業界の比較訴求)に惑わされず、販売実績や使用感、メディアでの評判などを総合的に参考にして購入ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加