生理痛が酷い方は「田七人参」がおすすめ!。死ぬまで元気で健康な生活を送るために、おすすめの田七人参ランキングなど。

生理痛が酷い方は「田七人参」がおすすめ!

漢方の一種、「田七人参」で生理痛を改善

漢方の一種として約500年前から使われている田七人参は、血流をあげて傷みや内臓出血を止めたり、気を補う生薬として使用されてきました。田七人参はその名の通り、収穫するまでに3年から7年もの歳月を要する植物です。
畑の土の中で栄養を十分に吸収し、固く岩のようになって育ちます。
朝鮮人参よりもその栄養効果が高いとも言われ、副作用のない安全な漢方薬として現在でも重宝されています。
効能としては、止血作用、免疫機能の調節、冠動脈を拡張させ心肺機能を改善する、鎮痛消炎作用、肝機能を向上させるなどがあります。
ベトナム戦争の際に肝炎になった住民や、兵士に対し肝炎の特効薬として配られた薬の主成分として、田七人参が使われており、C型肝炎、肝硬変、慢性肝炎にも十分な効果があります。
その他にも、打ち身や狭心症にも効果があります。

漢方薬として服用するには独特の苦みがありますが、最近ではサプリメントとしても手軽に摂取できるようになっています。田七人参の注目されている代表的な成分としてはサポニンがあげられます。
高麗人参にも含まれている有名な成分ですが、血液循環を良くし、毒素を排出させるなどの効果が期待されています。

最近の研究で、パナキサトリオールという成分が含まれていることが分かってきました。これは、筋肉における糖代謝の際に使われている成分で、筋肉を動かす時にエネルギーとして使われる糖を効率的に取り組むことができるようになります。
このことによって、血液中に含まれている糖を代謝させることができるため、血糖値の上昇を抑えることができるようになります。糖尿病患者への補助食品として利用することができます。
また、血液中の糖を抑えることで、脂肪細胞へと蓄えられるのを防ぐことができるため、肥満に悩んでいる方にも効果が十分に期待できる成分と言えます。

また、田七人参は、血液を浄化して、毒素の排出を促し、免疫力を高めるという作用があります。糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風、更年期障害にも効果があります。

中枢神経に作用する鎮静作用と、興奮作用により、ホルモンバランスが整いやすくなることから、更年期障害に悩む女性にとって、女性ホルモンのバランスを整え、症状を緩和させることができます。
ホルモンのバランスが整うことによって、自律神経の乱れを整え、抗ストレス効果もあります。

生理痛に悩んでいる女性にとっては、血流をあげ、鎮痛消炎の効果があることから、生理痛の痛みを軽減させたり、生理前、生理中に起きやすい偏頭痛や、腰痛の痛みを和らげる効果もあります。
ホルモンバランスを整いやすくなることから、生理不順を改善させることができ、婦人科特有の悩みにも効果が期待できます。

  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加