田七人参は癌(がん)に有効か?。死ぬまで元気で健康な生活が送れるために、おすすめは田七人参。

田七人参は癌(がん)に有効か?

がん治療中、田七人参の有効性は?

昨今、様々なドリンクやサプリメントに配合されている田七人参は、がんの治療をされている方にもオススメです。
田七人参には元々体力を増強し精をつける作用があるため、体力や免疫力が落ちている、がん治療中の方の体力維持が期待されます。他の薬用人参成分と同様に体の総合的なパワーを高めてくれるのがこの田七人参なのです。

田七人参にはサポニンと呼ばれる成分が含まれ、サポニン自体は他の薬用人参にも含まれている成分なのですが、田七人参に含まれるサポニンは独特の効能を持つとして評判で、何より、含有量が突出しており、より効率的に有効成分を摂取出来る素材と考えられています。
田七人参に含まれるサポニンは、心臓や肝臓の機能をケアする点も大きな魅力です。
がんの治療で使用される抗ガン剤の中には、心臓や肝臓にダメージを与えるものがありますが、田七人参はそういった薬による悪影響を抑えてくれます。従って治療と合わせて服用することで、薬物療法をスムーズに進めていける可能性があります。(※医師と相談の上、服用ください。)

抗がん剤などの薬物は、主に肝臓で処理されことから薬による害が現れやすいのが肝臓なのです。
田七人参の成分はダメージを受けた肝臓を細胞レベルから修復していく働きが期待されるため、とても積極的なケアが出来ます。
植物成分の場合、状態を良く保つ現状維持的な効果に限定されることが多いですが、この人参に限ってはかなり前向きなアプローチが可能です。また、心臓を保護する作用がある点も大きなポイントです。
人間にとって大切な臓器を保護する働きが期待されるのが田七人参なのです。

がんが体内にある場合には、時に出血が起こります。腫瘍部分からの出血によって血便や吐血が生じることも少なくないのです。
使用する抗ガン剤によっては、臓器からの出血を促してしまう場合もあります。
かつては止血剤としても使われてきたこの人参は、そういったケースでも力を貸してくれます。
厄介な副作用は抑えながらも、必要な薬の効果を落とさない極めて柔軟な働きを持つ点に大きな注目を浴びています。

田七人参は全身の血流を良くする効果にも優れています。
東洋医学ではがんの原因は血液の汚れや流れの滞りにあると考えられていますので、血流アップが叶うこの成分はそういった意味でもがんの治療に役立つと考えられます。
血管に良い影響を与える成分も含まれているため、血の巡りをよりスムーズにしてくれことが期待できます。
体が温まると免疫力が上がることはご存知でしょうか?
田七人参を服用することで血流が良くなり、体が温まれば、体が本来持っている自然治癒力を回復する可能性も十分にあります。
食欲もアップすることが期待できますので、体力回復にもつながるのです。

田七人参に含まれる成分の効果による免疫力。

田七人参は別名中国人参とよの呼び名があります。中国では古くから薬として使用され、金と交換されるくらい貴重なものでした。1200から1800メートルの限られた地域でしか育たない、ウコギ科の多年草です。
朝鮮人参と同じウコギ科ですが、形状や効能は異なります。16世紀ころより血止め薬として使用され、ベトナム戦争では肝炎の特効薬として使用されました。

田七人参にはサポニン・アルギニン・フラボノイド・ビタミン・ミネラルなどの栄養分があり、止血効果のあるデンシチンが含まれています。サポニンの量は高麗人参の約3倍以上含まれており、最大の効能は、血液をきれいにして免疫力を高める事です。
この田七人参の成分に含まれている「新種のサポニン」には熱い注目があり、血中コレストロールを減らす効果があります。
糖尿病・高血圧・通風・高脂血症・更年期障害・貧血などの様々な疾患に効果があるとされています。
よく勧められるのが、健康診断で様々な検査数値に不安のある方や動脈硬化が気になる方、食生活が不規則な方、動機や息切れが激しい方更年期前後の方に多く勧められています。

成分であるサポニンには、活性酸素を消去するスーパー・オキサイド・ディスムターゼが含まれており、その活性酸素除去率の高さが認められ、免疫力としては体内の代謝を高めて皮下脂肪の蓄積を予防し、肥満体質の改善にも効果があるとされています。

また田七人参の成分である、有機ゲルマニウムは、体内にあるインターフェロンを誘発し、人免疫機能に働きかける事で、体内に入ってきたウイルスに対し、早期に異物と認識し直接的に攻撃したり、体外に排出する効果があり体内にウイルスが入ってきても風邪などの発症を防ぎます。

また高血圧の方に対しては成分のパナキサトリオールが血糖値を下げる効果がありますので、高血圧の方に対して血圧を常時安定させる効果があります。
皮膚疾患への免疫力として、サポニン・有機ゲルマニウム・フラボノイドなどの相乗効果で免疫力が上がることから、アレルギー症状を抑制する働きがあり、アトピー性皮膚炎に対しての症状が軽くなったり、完治する効果も認められています。
更年期障害に対しては、ホルモンバランスを整える効果があることから、ホルモンバランスが乱れて起きる、更年期障害や月経不順などに対して、血流を良くしてホルモンのバランスを保つ働きがあります。またビタミンやミネラルが含まれることから、美肌効果もあります。
精神を安定させる効果もありイライラなどのストレスや疲労の改善効果があります。

残念ながら田七人参に癌細胞を死滅させたり、癌そのものを治癒させる能力はありませんが、田七人参によって体内の人免疫機能に働きかけ免疫力を高めることで癌の進行(癌細胞化)を防いだり、その他の癌治療に関する副作用や炎症、痛みを緩和させることが期待できます。

  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加