田七人参で血液改善。死ぬまで元気で健康な生活を送るために、おすすめの田七人参ランキングなど。

田七人参で血液改善

様々なリスクを減らす田七人参の血液改善計画

田七人参という植物をご存知でしょうか。
「でんしちにんじん」と読み、中国の雲南省、海抜1200M~1800Mの地域で栽培されているウコギ科オタネニンジン属の植物です。
姿形も成分も高麗人参とよく似ていますが、その栄養素は多様であり豊富で、高麗人参よりも数倍の含有量を誇ります。
高麗人参は、江戸時代には薬として日本で使用されていたにも関わらず、田七人参はその後知れ渡ることなく、日本に入ってきたのは昭和30年代の頃と言います。
あまりの多様な効能がある為に、中国が輸出を認めなかったことにあると伝えられています。
それほどのスーパーな植物の成分はどんなものなのでしょうか。
田七人参は種も葉も茎にも様々な栄養分があり、薬用として使用できますが、多くの健康食品には「根」の部分を使用しています。
栽培できるまでに3年から7年を要する事や、害虫に弱い為栽培が難しいこと、限られた地域での栽培などを踏まえ、希少価値で高価であることでも知られています。
漢方薬としては最上位に位置する薬用植物と言えます。

まずはその主成分サポニンには、様々な効能が謳われています。
血管の拡張作用によって血圧を穏やかに下げる、免疫力を増強する、自律神経を整える、高血糖を抑えるなど、多種多様です。
更には玉ねぎの皮などに含まれるケラスチンという成分で、血液がサラサラ効果により、動脈硬化などのリスクも減って行きます。
また体内の脂肪が酸化するのを防ぐ効果、血液がサラサラになることで、血管壁が傷つくことも少なくなるので、血管の強化、血液の浄化などが期待できます。

その他、血液がきれいになる事で得られる効果は多岐に渡ります。
中性脂肪や血中のコレステロールを低下させ、善玉コレステロールを増やす効果もあります。
肝機能障害、心臓への負担の軽減、高血圧、高脂血症などへのリスク軽減や、すでに持病を持っておられる方も、症状の改善や悪化の予防など様々です。
特に高血糖を抑える働きがある為、糖尿病の場合試されている方が多いようです。
年齢を重ねて行くごとに、健康診断の数値が上がっていくと、身体に不安を覚えてきます。
食生活を見直して運動不足の解消に努めても、なかなか結果に繋がらなかったりすると途中で挫折してしまい、更なる悪化を招いたり悪循環に陥ります。
まずは血液を見直して、少しずつ改善して行く事を目標にするのが良いでしょう。

中国では「金不換」(きんふかん)という呼び名で呼ばれている田七人参。お金で交換する事は出来ないほど価値があるという意味でその呼び名が付きました。
生活習慣の見直しに加えて、田七人参の豊富な栄養素を利用して、薬に頼ることなく暮らしていきたいものです。

  • 広告
  • 広告
このエントリーをはてなブックマークに追加